ライ麦畑に戻りたい

「ライ麦畑でつかまえて」はなぜ人気?「母」だからわかるあらすじ&解説

「ライ麦畑でつかまえて」は1951年に発表された、世界中を魅了した有名な小説です。 今回は有名な「ライ麦畑でつかまえて」の【母だからわかる】あらすじ&解説と、名言をピックアップ。更には作者のサリンジャーについても紹介して […]

【誰がために鐘は鳴る】のタイトルの意味知ってる?あらすじと登場人物紹介

「誰がために鐘は鳴る」は有名な小説タイトルですが、ここには隠された意味があります。 「愛し合う2人のために鐘は鳴るんだ」などと、意味を取り違えて他の作品の「副題」などに使われているのを見ると、ヘミングウェイファンとしては […]

心寂し川【あらすじと感想】164回直木賞受賞作品の点数は??

直木賞と芥川賞はいつもチェックしているけど、最近の直木賞は「当たり」続きです♪ こないだ読んだ「熱源」も読みごたえあって面白かったし(熱源あらすじ感想はこちら)心寂し川もすごく面白かった! 「心寂し川」は江戸時代の千駄木 […]

【海流のなかの島々】あらすじと見どころ&ヘミングウェイの小ネタも

「海流のなかの島々」と言うと、アラフォーのわたし世代は「バナナフィッシュ」で知った方も多いと思うんですよ(笑) 今回は大人になって改めてヘミングウェイを読破し、わかった点も多かったために「海流のなかの島々」のあらすじと見 […]

夏目漱石「こころ」あらすじと感想を短く紹介!先生と遺書の読解も

有名な夏目漱石の代表作の「こころ」ですが、明治の文学だけあって現代の子どもには理解しにくい部分もあるかと思います。昭和生まれの私ですが、わたしなりに感じた「こころの感想」を紹介していきます。 こころは「先生と私」「両親と […]

老人と海のあらすじを解説(読書感想文むけ)名言もまとめて紹介

ヘミングウェイの代表作の老人と海。単行本では5ミリの厚さのめっちゃ短いストーリーですが、あらすじを聞かれることがいいので記事にまとめてみました。 ひとことで言うと「孤独」。 世の中にこんな孤独があっていいのかよ! ってく […]

純文学とは?わかりやすく説明&おすすめ近代純文学・ランキング!

純文学とは何?を、わかりやすくお伝えするとともに、おすすめ純文学のランキングを作成してみたので、気になる方は順に読んでみてください。私が学生時代に読んだものが主流なのでどうしても古くなるため…現代バージョンのおすすめ純文 […]

あしながおじさんの本のあらすじを簡単に紹介!おじさんが正体を隠した理由

世界的に有名な「あしながおじさん」だけど、実は読んだことないって方も多いんじゃないでしょうか? 素朴なストーリーだけど、作品内容のほとんどが「女の子の手紙」で書かれているというのも、読む気力を失う理由かもしれませんね。 […]